2017/06/27 11:00

今更ながら、NMB須藤凜々花さんの結婚宣言を「哲学」してみた。

©時事通信社
©時事通信社

 先日話題になりましたNMB須藤凜々花さんの突然の「結婚宣言」。もはや説明は不要でしょうが、先の「AKB48選抜総選挙」で、20位という好位置につけた女性アイドルが、その祝福の場で「私、結婚します」とブチかましたというアレですね。この発言により、まゆゆこと渡辺麻友の卒業も指原莉乃の3連覇もすべてかすみ、投票したファンのみならずOBに芸能人に市井の人々まで巻き込んでそりゃもう大騒ぎでした。絶望、怒り、事情通アピールにジェンダー的ポジショントークなど、思い思惑が入り乱れてさながら感情フェスティバル。なんかAKBの歌でそんなのありそうですよね。「感情フェスティバル~純情ハンニバル~」とか、どうでしょう秋元先生。

 しかし私がこのフェスティバルで最も気になったのは、選挙前と選挙後の心変わりを嘲笑ツイートとともに晒されるファンのやるせなさでも、大島優子の帽子でも、2017年のいま、AKBをキャバクラになぞらえている毒舌タレントでも、「全て悪い大人たちが仕掛けたこと! 女の子は被害者!」としょんべんくせぇことのたまうネットメディアの人間どもでもありません。この須藤凜々花という女性が「哲学」に興味があると公言していたことです。話によると偏差値「67」というのもセールスポイントのようですね。「可愛さ」「無邪気さ」「ちょっぴりおバカさ」が売りになりがちなアイドル業界で、そっち側のアピールでがんばっていた女性が晴れ舞台でこういう形の爆弾発言を投下したということに、なんだか暗澹たる気持ちになったのでした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >