2017/07/05 11:00

タフなロックを貫いてきたB'zに、ひとつ提案したいこと――近田春夫の考えるヒット

声明/B'z(Being)UCC缶コーヒーのCMソングとして書き下ろされた。焙煎・抽出の過程で本曲を聴かせて製造する特別企画も。
声明/B'z(Being)UCC缶コーヒーのCMソングとして書き下ろされた。焙煎・抽出の過程で本曲を聴かせて製造する特別企画も。

『声明』(B'z)/『トニカクHEY』(Da-iCE)

 B'zとは何なのか。それではいくらなんでもちょっといい方が漠然とし過ぎか。ここでは形態の話である。ふと考えてみれば元来B'zはギターの松本孝弘、ボーカルの稲葉浩志による、二人組のいわゆる“ユニット”だったのである。だけれど、一連の彼らの楽曲に於ける“音響感”は、まさしく典型的ギターロックバンドのそれといって良いだろう。思い浮かべてみるといい。ふりかえって、少なくとも過去の代表的大ヒット曲の大抵がそんなイメージだったのではないか。ちゃんと、ベースやドラムの人がメンバーにいるような、いかにもバンド然とした佇まいを醸し出していた。

 といった前振りから本題に入る前に、新作『声明』を聴いての感想である。レニー・クラビッツ調とでもいおうか、曲のアタマからリフでガンガン攻めてくる“ブルーズロック的”な手法――こういう感じは俺も昔ビールのCM用かなんかで作ったことがあるなぁ――は、今日の日本のロック音楽に於いては決して主流のスタイルではない。ちなみに“j好みなロック”といえばほとんどの場合で、甘口なメロディを感傷的な気分にさせてくれるような――予定調和な――コード進行のエレキギターに乗せた、大音響フォーク歌謡のことを指すようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >