2017/07/10 11:00

ベッキーの「勘」、清水富美加の「才」 異能のテレビマンを驚かせた「ふたりの天性」

(c)NHK
(c)NHK

 佐々木健一という異色のドキュメンタリストをご存じだろうか?

 前編に続くインタビュー後編は、自ら“ベッキードキュメント”と語る異色の番組『ヒューマン・コード』の制作時のお話から、マキタスポーツ、清水富美加が出演したEテレの哲学バラエティ『哲子の部屋』の裏話、そして「今までで一番不安な番組取材でした」と振り返るドキュメンタリー『Mr.トルネード』に舞い降りた奇跡についてを語っていただいた。

「言葉」「哲学」「医学」「気象学」「司法」……あらゆる分野をテーマに番組を作り続ける人物が考える「ドキュメンタリー」とは何か。そして、“異端”と呼ばれる佐々木健一とは一体、何者なのか?

ある意味、ガチの“ベッキードキュメント”

―― フジテレビで放送された特番『ヒューマン・コード~想定外のワタシと出会うための3つの暗号~』が、ご自身のターニングポイントだそうですが?

佐々木 『ヒューマン・コード』は、フジテレビとNHKエデュケーショナルが組んで作った番組なんですが、本当の意味で、企画から演出までプロデューサーの意見をあまり気にせず、自分の創造性で作った番組でした。「これでダメだったらもういいや」というぐらい腹をくくって作りました。ベッキーさんに認知心理学や行動経済学を元にした様々なクイズに答えてもらいながら、「人間とは何か?」という根源的な問いが浮かび上がってくる内容です。クイズそのものを楽しむというより、ベッキーさんがクイズに臨む姿をありのまま捉える演出にしました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >