2017/07/12 11:00

イタリアのアカデミー賞で5冠のロードムービー「歓びのトスカーナ」を採点!

©LOTUS 2015
©LOTUS 2015

〈あらすじ〉

イタリア・トスカーナ州の緑豊かな丘の上にある、心に様々な問題を抱えた女性たちが社会復帰を目指して生活する、精神診療施設のヴィラ・ビオンディ。おしゃべりでおせっかい、虚言癖のあるベアトリーチェ(ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ)の部屋に、やせ細った身体にタトゥーを入れた新入りのドナテッラ(ミカエラ・ラマッツォッティ)が入居する。2人はある日、衝動的に施設から抜け出し、見知らぬ男の車を奪い、高級レストランで無銭飲食をするなど、あちこちで騒動を起こしながら、心の距離を近づけていく。ところが、ドナテッラは昔働いていたクラブで騒動を起こし、司法精神科病院に収容されてしまう。ベアトリーチェによって救出された彼女は、自身の過去を語り始める。

〈解説〉

『人間の値打ち』のパオロ・ヴィルズィ監督作。外見も性格も正反対の女性2人の友情をロードムービー仕立てで描く。116分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★☆☆女同士のアナーキーな2人旅という設定は楽しいし、テデスキも熱演だが、心の傷をちらつかされて、気持よくは乗れず。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★☆☆トスカーナの風景は綺麗だし、撮り方も巧い監督だが、主人公ふたりのキャラクター変化が物足りない。どこか図式的だ。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★☆女同士の友情と愛(互いを切実に必要とする想い)を深く感じる作品だった。テデスキのガラガラ声が凄く生きている。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★☆アクの強い狂騒性だが、次第に体の奥が熱くなる。濃厚な「魂の旅」に突き進んでいく女性同士のバディ感が素晴らしい。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★☆☆狂気と正気の狭間の伊式テルマ&ルイーズの趣。赤いランチアのカブリオレで疾走する後半、個性的な衣裳も見もの。

INFORMATION

「歓びのトスカーナ」(伊・仏)
7月8日(土)より、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開
監督:パオロ・ヴィルズィ
出演:ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、ミカエラ・ラマッツォッティ ほか
http://yorokobino.com/

(「週刊文春」編集部)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >