2017/07/18 17:00

裸の絵画にアイスランドの漁村が激震 「ハートストーン」を採点!

©SF Studios Production & Join Motion Pictures Photo Roxana Reiss
©SF Studios Production & Join Motion Pictures Photo Roxana Reiss

〈あらすじ〉

東アイスランドの美しく雄大な自然に囲まれた漁村に暮らす、幼なじみのソール(バルドル・エイナルソン)とクリスティアン(ブラーイル・ヒンリクソン)は、いつも一緒の大親友だ。思春期に差し掛かり、ソールは美少女ベータのことが気になり始め、クリスティアンはベータの女友だちハンナから好意を寄せられる。4人で過ごす時間が増えるにつれ、自然に距離が近づくソールとベータを、クリスティアンは複雑な表情で見守っていた。あるとき、ソールの姉が、裸のソールとクリスティアンをモデルに描いた意味深な絵画が人目に触れたことで、保守的な村に激震が走る。

〈解説〉

少年たちの性の目覚めと友情を描く青春映画。グズムンドゥル・アルナル・グズムンドソンの長編監督デビュー作。129分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★☆☆東アイスランドの漁村風景と暮らしぶりには興味を引かれたものの、主軸の2少年の性描写部分は、あっても無くても。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★☆☆若者の寄る辺なさや寒村の偏狭は伝わってくるが、見る側に辛抱が必要。風景の荒涼と心情の荒涼が共鳴しすぎている。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★☆☆寒々とした漁師町を背景に思春期の違和感を淡々と描き、少年2人の美しさや可愛さが物悲しい結末に清廉な愛を放つ。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★☆未分化な感情がゴロッと差し出される衝撃。漁村の冷たい空気など「暗い北欧」に同期した思春期模様が生々しく迫る。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★☆☆アイスランドの厳しい風土を背景にひと夏の少年の成長譚の閃き。暗喩的なカサゴや羊の死、ディテールが爪痕を残す。

INFORMATION

「ハートストーン」(アイスランド・デンマーク)
7月15日(土)より、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次ロードショー
監督:グズムンドゥル・アルナル・グズムンドソン
出演:バルドル・エイナルソン、 ブラーイル・ヒンリクソン、 ニーナ・ドッグ・フィリップスドッティル ほか
http://www.magichour.co.jp/heartstone/

(「週刊文春」編集部)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >