2017/07/29 17:00

「ヒトラーへの285枚の葉書」監督が憂う、日本の危険な保守化

公開中の「ヒトラーへの285枚の葉書」
公開中の「ヒトラーへの285枚の葉書」

 ドイツ人作家のハンス・ファラダがゲシュタポの記録文書を元に書いたベストセラー小説『ベルリンに一人死す』を映画化した「ヒトラーへの285枚の葉書」(7月8日より全国順次公開)が、話題を呼んでいる。

 舞台は第二次世界大戦中のベルリン。一組の夫婦が、愛息を戦争で失ったことをきっかけにヒトラーへの静かな抵抗を始める。

「総統は私の息子を殺した。あなたの息子も殺されるだろう」

 夫婦はナチスを批判するメッセージをしたためた葉書を、ベルリン市内に撒き始めた。その数285枚。途中から夫婦は、自由な言論こそがナチス政権を終焉に導くと信じ、葉書に「フリープレス」と書くようになった。

 しかし、葉書を拾ったベルリン市民の大半は、それをナチスの秘密警察・ゲシュタポに届け出た。

 ベルリン市民はヒトラーを熱烈に支持し、やがてヒトラーが張り巡らせた恐怖政治に支配されて自らの思考を停止していく。

大叔父がガス室に送られた

 ナチス支配下のドイツを覆った全体主義の恐怖を見事に映像化したのは、90年代に俳優として活躍し、自らもガス室に送られた大叔父を持つヴァンサン・ペレーズ監督。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >