2017/08/07 11:00

白石加代子×柄本明「小劇場で笑った思い出」

©橋本篤/文藝春秋
©橋本篤/文藝春秋

 1960年代、前衛劇を代表する劇団「早稲田小劇場」の看板女優だった白石さんとその芝居をきっかけに演劇を始めた柄本さん。演劇界を牽引してきた二人が語る、名演出家の思い出や演技の方法論。 司会・構成◎関容子

 ◆◆◆

 今回は、強烈な個性をお持ちのお二方の、初顔合せとも言える対談です。

 柄本さんが演劇人生に入るきっかけを作ったのが、「早稲田小劇場」の白石さんの芝居だった、といつか伺って、これは是非存分に語り合っていただきたい、と思いました。

柄本 最初に僕がネタばらしというか、お断りしておきますが、僕は「早稲小」のときの白石さんしか、観てないんです。

白石 その後は観てない?

柄本 観てません(笑)。すいません。

白石 いいえ(笑)。

柄本 僕はサラリーマン2年間ぐらいやってて、そのときに、先輩に早稲小に連れてかれて、初めて芝居を観たんです。うちの両親が映画好きで、うちでは映画の話しかしないような親だったんで、映画を観るのは好きだったんですけどね。それでその早稲小は、12月25日あたりでしたかね。寒い日で、どっか裏手から入るでしょ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >