楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/02/24 11:00

ママ、妻、お嫁さん――。誰かのものであり続けた彼女が考える「どう生きるのか」

三島有紀子監督(撮影:池田正之)
三島有紀子監督(撮影:池田正之)

 2月21日より全国公開される映画『Red』で、三島有紀子監督は、言葉(せりふ)の余分を削ぎ、無言を交わす間で男と女の心情を見せている。

「夏帆さん演じる塔子には、夫も子供も、住まいもある。そこに、かつての恋人・鞍田(妻夫木聡)が現れ、人生を問う選択を突き付けてきます。私は、この原作小説に出会ったとき、塔子は何を選び、どう生きていくのか、それを見てみたいと思いました」

 原作は島本理生さんの同名小説。何が女性を生きづらくさせているのか、心と体が放つ本音で詳らかにされ、累計20万部が発行された。

 監督が「ベスト」と言い切る配役で臨んだ映画化は、主役のふたりに加え、塔子の夫に間宮祥太朗。ふたりの同僚に柄本佑。さらに片岡礼子、酒向芳、山本郁子、浅野和之、余貴美子が並ぶ。

「ここまでの役者さんを前に、芝居について細かく言う必要はないと思いました。一番大事にしたのは、夏帆さんは塔子としてそこに立っていたか、いまの場面に妻夫木さん自身の癖は出てはいなかったか。塔子と鞍田に見えなかったのなら、何が原因か、考えていただき、シーンに求められているものが表れるまで待つ。それが私の役割でした」

Rakuten Mobile
今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >