2017/08/19 17:00

オールナイトニッポン50年 黄金期プロデューサーが語る「タモリ伝説」

(c)ニッポン放送
(c)ニッポン放送

 1967年、深夜ラジオの世界に革命が起きた。それまで大人向けにお色気番組を流していた時間帯に、次々と若者向けの番組が始まったのである。その一つがニッポン放送の『オールナイトニッポン』(以下、『ANN』)だ。数々の才能を発掘し、情報の発信源として時代を牽引してきた『ANN』が、今年10月で50周年を迎える。そこで、70~80年代に黄金時代の『ANN』のプロデューサーを務めた近衛正通さんにお話を伺った。

 近衛さんは、タモリ・たけし・さんまのBIG3を『ANN』に起用した張本人でもある。あの時代の深夜ラジオに何が起きていたのか。第1回はジャズつながりで“発掘”したタモリの伝説を、秘話満載で語っていただいた。

面白いこと言ってもまわりに笑ってくれる人がいない、が放送の原点

―― 『ANN』が始まったのは、近衛さんが入社する半年前なんですね。近衛さんが『ANN』を担当したのは、いつからですか?

近衛 僕は1976年からですね。会社に入ってしばらくは放送技術部で夜の番組送り出しをやっていました。番組テープの再生送り出しをする仕事です。当時は今みたいに生放送があまりなくて、ほとんどテープだった。夜6時から深夜1時まで、それから朝5時から10時までが自分の担当時間でした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >