楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/03/01 11:00

ギレルモ・デル・トロ、プロデューサー業で意識したのは「自分が嫌だったと感じた行為をしないこと」

ギレルモ・デル・トロ監督
ギレルモ・デル・トロ監督

『フランケンシュタイン』から日本の『鬼婆』『藪の中の黒猫』まで、オタク監督ギレルモ・デル・トロが人生で愛したホラー作品は、実に多い。1981年に出版された子供向けの『Scary Stories to Tell in the Dark』も、そのひとつだ。

「あの本を見つけたのは、テキサス州の書店。最初に僕の目を引いたのは、スティーブン・ガンメルによる、強烈に不気味な挿絵だった。あまりに気に入ったので、自分のためだけでなく、友達にも買ってあげたし、わが子に読んで聞かせたりもした」

 その原画が売りに出されたと聞くと、誰よりも先に購入した。当時は、父がメキシコで誘拐され、全財産をはたき、ジェームズ・キャメロンにも借金して身代金を払ったばかり。それどころではない状態で、妻との関係にヒビが入ったが、「僕にはあれが必要だったんだ」と振り返る。

 そんな過去が知られていたからこそ、この本の映画化権を買った人たちは、まず彼に声をかけた。だが、多忙なデル・トロは、この映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』(2月28日公開)ではプロデューサーにとどまると決め、監督には、以前からツイッターで交流のあったノルウェー人のアンドレ・ウーヴレダルを指名する。

Rakuten Mobile
今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >