2017/08/15 17:00

胸に熱くこみあげてくる家入レオのコードの演出――近田春夫の考えるヒット

ずっと、ふたりで/家入レオ(Colourful Records)これまで自身で作詞・作曲を手がけてきた彼女が、楽曲を他者に任せ表現に専念した一曲。
ずっと、ふたりで/家入レオ(Colourful Records)これまで自身で作詞・作曲を手がけてきた彼女が、楽曲を他者に任せ表現に専念した一曲。

ずっと、ふたりで(家入レオ)/風と共に(エレファントカシマシ)

 源流を60年代アメリカンポップスに見出すこともおそらくは可能と思われる、我がjpopサウンドの要ともいうべき“胸キュンコード進行”ではあるが、もはや発祥の地ではよほどの――映画の挿入歌などで時代の雰囲気を醸し出す必要があるとか――事情でもないかぎり、新曲に用いられるようなことは、まぁ先ずなくなってきてしまっているわけで、そこにはきっと理由もあるに違いない。

 先週はそんな話の途中で終わってしまった。失礼。

 ところで今週の家入レオの『ずっと、ふたりで』だが、この曲、聴くうちになにかこう喜びとも悲しみともつかぬものが、いつしか胸に熱くこみ上げてくるという、いわゆる“高揚感”の演出にきわめてすぐれたコード進行の作品との第一印象を持った。

 そこであらためて思ったのが、コードの動きが聴き手の心理/感情にうったえるもののことである。家入レオのこの曲に限らず典型的jpop(やオールディーズ)の和声には、せつなにしろ希望なり勇気なりをあたえるというか“人をいい気分にさせる効果”を持つものが多い。そうした解釈の成立を前提とした上で、今日の英語圏の流行歌、商業音楽のつくりにそのような傾向がほとんど見られぬのであれば、それはあちらの市場の求めるものがもはやそこ――音楽が人を感傷的な気分にさせる――にはない、いい換えれば、かつては盛んであったがすたれてしまったということになるのであろう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >