2017/08/13 11:00

『ワンダーウーマン』――桜庭一樹のシネマ桜吹雪

©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

 みんな自分の王国に棲んでいる。あなたもわたしもその国の王だ。

 ところで、王子ないし王女が成長し、王ないし女王になっていく物語を作るとき、絶対的に必要なシーンがある。それは一体なんじゃろか!?

『ワンダーウーマン』は一九四一年、第二次世界大戦中にスタートしたアメコミシリーズだ。主人公は女戦士アマゾネスたちの住むパラダイス島の王女、ダイアナ。ある日、島に小型飛行機が不時着し、アメリカ人パイロットのスティーブが出てきた。ダイアナは彼を通し、平和な島の外に争いの絶えない大きな世界があることを知ってビックリする。

 これ以降、コミックもバージョンによってストーリーがちがうのだが、今回の映画の場合、外の世界では第一次世界大戦の真最中。ダイアナはドイツ軍による毒ガス兵器の使用を阻止せんと、制止を振りきり、外へと旅立つ。

 平和な島ですくすく育ったダイアナはこう信じていた。

「人はみんな善人。自分もいい人。戦争になったのはごく少数の悪人のせい」と。だからその悪人さえ倒せば解決するはず。さぁ、行こうっ!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >