2017/08/25 11:00

スパイダーマンがアベンジャーズと共演できるようになったワケ

©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.
©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

「邦高洋低」と言われる状況が続いていますが、意外にそろそろ半々になってきている気がする昨今。今年は春先から、洋画では『美女と野獣』(17年)、『SING/シング』(16年)など、数週間は興行収入のトップを走っている作品があります。親が同伴することになる、お子様向けの吹替えなども功を奏しているかもしれません。

 現在、人気の高いアニメシリーズ『怪盗グルーのミニオン大脱走』(17年)を相手に、健闘している実写の洋画が『スパイダーマン:ホームカミング』(17年)です。監督は小規模映画を2本撮った後、大抜擢されたジョン・ワッツ。彼の経歴からすれば、予算も桁違いな超大作です。スパイダーマンを演じるのは、期待の若手俳優トム・ホランド。

 しかし、この2人の名前だけを挙げても「じゃあ観に行こうか」とは、なかなかなりませんよね。『スパイダーマン』の新作だから観る、というかたも多いでしょうが、今回は特にマーベル映画の新作として観ておく、という層が中心だと思います。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >