2017/08/24 17:00

映画『関ヶ原』の原田眞人監督「石田三成は僕にそっくり」

 作家・司馬遼太郎が、1966年に上梓した小説『関ケ原』がついに映画化される。秀吉亡き後、徳川家康(役所広司)率いる東軍が、石田三成(岡田准一)率いる西軍と関ヶ原で戦った史実をもとにした戦国絵巻だ。監督・脚本をつとめたのは、今年68歳になる原田眞人。

「『関ケ原』を題材に映画を撮ろうと考えたのは、実は25年も前のこと。その後、主人公のプランが小早川秀秋、島津惟新入道と変遷し、3年前に石田三成を主役にした映画を撮ろうと決心しました」

 若い頃は、三成のことが嫌いだったという。頭でっかちで、戦の途中で逃げた男という印象があった。

「今は三成を理解できます。考えてみると三成の行動にはブレがない。体は小さいけれど武芸にも長けていた。数学的な思考を持っているところなんかは、撮影現場での僕にそっくりです」

 ナレーションは、司馬作品の原文のまま。原作通り司馬少年が大原観音寺で坊主に話しかけられるシーンから始まるが、ここは400年前に三成が秀吉にお茶を出した場所だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >