2017/08/26 17:00

ベートーベンの戦争、ワーグナーの挑戦 西洋近代史は音楽で学べ!――学校では学べない世界近現代史入門

©iStock.com
©iStock.com

宗教対立、消費社会、戦争、革命――。クラシック音楽の巨匠たちはダイナミックに時代を生きた。知のスペクタクルの開演!

◆◆◆

 近現代史と音楽史を重ねてお話しするという、たいへん大きなテーマをいただいたのですが、まず一般に皆さんがイメージされるのは、「音楽の父」バッハに始まり、「天才」モーツァルトなどが活躍して、「楽聖」ベートーベンが頂点を極め、さらにワーグナーが壮大な総合芸術にまで高める、といった音楽史ではないでしょうか。もっと古くに遡れば、ルネサンスにおける近代的精神の目覚めに始まり、宗教や中世的な身分のくびきから脱して、自由な創造性の発露として芸術が発展する。そういった進歩史観に基づく、しかも音楽だけの自律的な歴史として語られてしまうわけです。

 しかし、音楽などの芸術は、その時代の社会に受け入れられ、支持されてはじめて成り立つ。音楽家は芸術家である前に生活者。芸を売って食うということです。「芸術家」を「芸人」くらいに言葉を変換してみてください。音楽史は政治史や経済史や社会史と重ねて考えないと見えてこないのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >