2017/09/03 11:00

「メタルギア」の小島秀夫が考える“エンタメが戦争から逃げられない”理由

©Konami Digital Entertainment
©Konami Digital Entertainment

 映画とゲームの共通点はどこにあるのだろうか。

 その答えのひとつは「テクノロジー」である。映画とゲームは、テクノロジーの発展とともに歩んできた。19世紀末にリュミエール兄弟が発表した世界最初の映画のひとつである『列車の到着』は、プラットフォームに蒸気機関車がやってくる情景を見せるだけのものだった。そこには当然、音もなく、白黒の画面だったが、これを観た観客は、その臨場感に度肝を抜かれた。これは最新のテクノロジーであるVRが実現する臨場感や驚きと本質的に変わらない。

 ビデオゲームの原型は、1962年にMITの学生が開発した『スペースウォー!』と言われている。これは記号化された宇宙船を操作して対戦させる、極めてシンプルでプリミティブなシューティング・ゲームだった。

 映画もゲームもその最初期は、ともに単純な「動き(アクション)」しか表現できなかった。キートンやチャップリンの無声映画(サイレント)は、彼らのアクションに支えられていたし、『スーパーマリオブラザーズ』(1985年)ですら、単純なアクションだけで構成されたゲームだった。やがてテクノロジーの発展とともに、映画やゲームは、色や音を得て、複雑な世界やエモーショナルな人間のドラマを描けるようになった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >