2017/09/16 17:00

『散歩する侵略者』をよりディープに楽しむための、必須映画11本!

 トビー・フーパーは黒沢監督のルーツとして重要で、『LOFT ロフト』(05年)では幽霊の安達祐実が窓の外を移動していくシーンが、フーパーの『死霊伝説』(79年)でしたし、『クリーピー 偽りの隣人』(16年)の横に閉める鉄の扉は、当然トビー・フーパーの代表作『悪魔のいけにえ』(74年)。たぶん、ビックリするのは取り込み方が、オマージュとして正当すぎるほど真っ向からなための気がします。とりあえず、『スペースバンパイア』はルーツとしてマストでしょう。

 それから、本作には主人公が二組います。長澤まさみと松田龍平の夫婦、そしてまったく別行動で、少年少女の体を奪った宇宙人二人と出くわしてしまう、ジャーナリストの長谷川博己。侵略するからには殺しにくるわけですが、長谷川博己は死ぬ覚悟を決めたり、かと思うと宇宙人の計らいで一緒に生かしてもらおうかと心が揺れますが、最後の決断が断固としていて鮮烈なのです。

 この長谷川博己のキャラクターは、重くなりそうな映画を軽妙にしています。ただ、根底は黒沢清監督の過去作『カリスマ』(99年)で、役所広司が演じた藪池という男の現代的な形でしょう。『カリスマ』は、非常に象徴的な逸話から始まる映画です。犯人と人質を助けようとして、二人とも死なせてしまった刑事、藪池。停職処分中に森を訪れた彼は、そこに住む人々から森全体を枯らす「カリスマ」と呼ばれる木を守るか、「カリスマ」を倒して森を救うかという取捨を迫られます。そして次第に藪池の無意識は顕在化してきて、「だったら世界が終わればいい」という、二つの選択どころじゃない話になっていきます。これに似た考え方は、ジョン・カーペンターの『エスケープ・フロム・L.A.』(96年)でも、主人公のならず者、スネーク・プリスキンが確信を持って選んでいました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >