2017/09/27 11:00

K-POPに成りきり具合がすごい、FlowBackの暗く暴力的な音――近田春夫の考えるヒット

WE ARE!/FlowBack(SONY)2013年結成。16年『Come A Long Way』でデビュー。本曲はHIRO、Dirty Orangeのサポートを受けている。
WE ARE!/FlowBack(SONY)2013年結成。16年『Come A Long Way』でデビュー。本曲はHIRO、Dirty Orangeのサポートを受けている。

『WE ARE!』(FlowBack)/『フクロウの声が聞こえる』(小沢健二とSEKAI NO OWARI)

 この男達の成りきりようといったら……。

 Music Videoに映る、その出で立ちといい表情のつけ方といい、立ち居振る舞い、発声から発音から、もう何から何まで、どうみてもアピアランスはもう韓国人のそれなのである。これまでも、日本人が韓流(kpopだねこの場合正しくは)を意識してやっているなとおぼしきパフォーマンスというものを、全く見かけなかった訳ではないが、今回はちょっとレベルが違った。これは瞠目に値する。

 資料によれば、FlowBackは五人編成のダンス&ボーカルグループで、応募総数十二万五千組を超えるオーディションを勝ち抜き、最終の八組にまで残ったというのだから、なかなかのツワモノ揃いには違いない。

 メンバーがそれぞれにラップや作詞、衣装と、役割を分担しながら、基本的にはセルフプロデュースをモットーとして活躍しているとのことだったので『WE ARE!』の動画監督もひょっとして? と思い、クレジットをチェックしてみたが、さすがにそこまでは本人達も手を出してはいないようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >