2017/09/24 11:00

映画「ワンダーウーマン」から読み解く「社内事情あるある」――ダイアナの正体は花咲舞だった!?

©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC
©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC

 アメコミ原作のノーテンキな映画を観ているはずが、いつのまにか職場での生々しい人間関係に思いをはせている自分に気づくのが、映画「ワンダーウーマン」の不思議なところ。それも「ああ、主人公のダイアナ(=ワンダーウーマン)みたいな女性、ウチの会社にも結構いるよなあ」というノリで。

 仕事熱心。共感力にたけていて、曲がったことは大嫌い。「顧客本位」「企業の社会貢献」などの正論をガンガン主張し、それが実現すれば世の中はよくなる、ということを信じて疑わない。ダイアナが、「悪の神を倒せば、この世界を覆いつくす戦争(舞台は第一次世界大戦時のヨーロッパ)はあっという間に終結する」と心から信じているように。

 こういうタイプの女性、元気はいいけどまず出世できません。出世するのは、女性らしい上司に対する細やかな気配り(たまにお色気を併用する人もいますが)を失わず、しかも「会社の空気」「会社の論理」を踏まえたそつのない仕事ができる人。「男社会としての会社」に適応し、それに対する忠誠を誓った女性たちなのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >