2017/09/30 07:00

安室奈美恵が私たちに残してくれたもの

©文藝春秋
©文藝春秋

  9月20日夜、歌手の安室奈美恵が1年後の2018年9月に芸能界を引退すると発表。1995年、中学生時代は「安室奈美恵になることしか考えていなかった」という作家の鈴木涼美さんが、安室奈美恵と歩んだ約20年を振り返りました。

◆◆◆

 中学校の卒業式、JR横浜駅の近くにある駅前でチラシを配っているような安い美容室で、生まれて初めて髪の毛にメッシュを入れた。いつもは鎌倉市内の母親も通っていた美容院で切ってもらっていたが、メッシュを入れるとなるとそこの店の料金は私には高すぎたからだ。メッシュを入れるときには、櫛の先で髪の毛を少量ずつすくってアルミホイルにのせ、そこにブリーチ剤をつけるのだというのもその時に初めて知った。

 1年ちょっと前に結婚記者会見の頃の安室奈美恵のショートヘアを真似て短くした髪は中途半端に伸びて、おかっぱの長さに白メッシュは似合わなかったし、紫色のトリートメント代をケチったためにメッシュは思ったよりずっと黄色くなってしまった。そもそも思春期で顔も腿もぱんぱんの私が短髪にしたところで小顔の安室とは全くの別もので、どちらかというとちょっと派手な化粧をした山田花子、好意的に見てもせいぜい矢口真里だったので、美容室を出て横浜駅のホームで横須賀線を待つ私は今見返したら目も当てられないほどダサかったと思う。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >