2017/10/08 07:00

次郎さん役・松尾諭だけが知っている『ひよっこ』キャスト秘話

(c)榎本麻美/文藝春秋
(c)榎本麻美/文藝春秋

 先日、半年間の放送を経てラストを迎えたNHK連続テレビ小説『ひよっこ』。舞台となった奥茨城で、主人公みね子を送り迎えした、バス車掌・益子次郎役の松尾諭さんに脚本の魅力、共演者との秘話を語っていただきました。

岡田さんの脚本は「遠赤外線」

――松尾さんにとって岡田惠和さんの作品は『最後から二番目の恋』に続いて2作目になりますでしょうか。

松尾 そうですね。岡田さんの脚本は読んでいてジーンとするセリフがたくさんあるんですよ。特殊なことを描いているわけではなく、むしろありふれた出来事を、普通の言葉で描いているからこそ、ああいう遠赤外線でじわっと温めてくれるような物語が生まれるんだと思うんです。役者としても、変に構えて「こういうふうにセリフを言おう」とか思わなくても、自然と役に入り込めるホンなんです。

――物語の後半、みね子の父・実が東京から奥茨城に帰ってくるバス車内のシーンは、言葉が過不足なく、みね子、実、次郎3人の佇まいだけで保っている印象的な場面でした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >