2017/10/12 07:00

四代目・桂三木助の母が初めて語った「息子の死」

写真提供:小林仲子
写真提供:小林仲子

「盛夫はやさしい子でしたよ。いつもあたしのことを気遣ってくれてね。

 それなのに母親に、自殺した姿を見つけさせるなんて……、本当に……」

 涙をこらえることなく語ったのは、落語家の四代目・桂三木助(本名・小林盛夫)の母・小林仲子さん(88)だ。バラエティやドラマ出演など、落語家の枠に留まらない活躍で一躍人気者になった四代目・桂三木助だったが、2001年に自殺した。今回、四代目の甥(本名・小林康浩)が五代目・桂三木助を襲名したのを機に、仲子さんが演芸評論家の渡邉寧久氏のインタビューに応じ、息子の死について初めて語った。

 仲子さんの夫は「芝浜」を練り上げ、名人と称された三代目・桂三木助。インタビューでは夫から息子、そして現在は孫へと受け継がれた「桂三木助」のDNAについても語っている。

「お父さん(三代目・桂三木助)は58歳で死んじゃってね。その後を盛夫が継いで四代目になったんですが、これからっていう時にあんな最期でね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

周囲のノリから浮いてしまいそう。きつい一言でムードをこわさ...もっと見る >