2017/10/12 17:00

カンヌで話題、Netflix映画で主演するベン・スティラーが近ごろ淋しいワケ

 今年のカンヌ映画祭で話題を呼んだ『マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)』に、アダム・サンドラーと共に主演したベン・スティラー。気難しい芸術家の父に振り回され、腹違いの兄とも行き違いのある、末っ子を演じている。

「親が年老い、子供が生まれ、親を看取り、そういう経験は僕もアダムもしてきた。だから、とても共感できたんだ。僕の家は両親とも芸人で、ショウビジネスが宗教みたいなものだったから、映画と違って結束は固かったけれど」

 父役はダスティン・ホフマン。二人は『ミート・ザ・ペアレンツ2』でも親子を演じており、顔つきもよく似ている。

「僕は父を愛しているし関係も良好だけど、もしダスティンが父親だったら、クールだったと思う。超博識で教わることだらけなんだ。ダスティンの映画の中では『クレイマー、クレイマー』が大好きなんだけど、今回(ロバート・レッドフォードの失敗作と言われる)『夜霧のマンハッタン』を観るシーンは最高だったよ(笑)」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >