2017/10/08 17:00

カズオ・イシグロに阿川佐和子が聞いた 「初恋」と「私の中の日本人」

©文藝春秋
©文藝春秋

『日の名残り』で英国最高の文学賞・ブッカー賞を受賞したのが12年前。作家として初来日したイシグロさん。日本語は5歳レベルで止まっているが、「内なる日本」は成長しつづけた。彼の中に日本はどのように影を落とし、どのようにして世界的なベストセラー作家になったのか。
出典:週刊文春2001年11月8日号「阿川佐和子のこの人に会いたい」

◆ ◆ ◆

日本語は「スコシダケ」

阿川 イシグロさんは日本生まれで、イギリスでお育ちになって、英語で書かれた小説『日の名残り』で、イギリスの最高の文学賞であるブッカー賞を受賞された。それがもう12年前ですね。

イシグロ (英語で)そうですね。そのすぐ後、まだ『日の名残り』が日本語で出版される前に国際交流基金のご招待で来日しましたが、作家として来日するのは今回が初めてです。

阿川 日本にもイシグロさんのファンはいっぱいいるんですよ。『日の名残り』は小説としても、それからアンソニー・ホプキンスが主演した映画でも大ヒットしましたから。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >