2017/10/14 17:00

ゲス&美人弁護士 「恩讐の彼方」への旅路

(c)時事通信社
(c)時事通信社

「ベッキー禁断愛 お相手は紅白初出場歌手!」、これがあのときの、中吊りの見出しだ。それほどの知名度ではないとの判断だったのだろうか、ここに川谷絵音の名はない。

 この記事で一気に名が売れるが、その反面、離婚したり、その後に起こした未成年者との飲酒問題(これも文春)で活動停止となったりと、決して順調ではない音楽活動と私生活を送ることになる。

「黄桜」のCMを見るような思いだ

 その川谷絵音が、ゲスの極み乙女。のメンバーとともに紀尾井町の文藝春秋本社に乗り込んだ。題して「『ゲス極』川谷が文春にやって来た」。この白黒グラビア記事には、週刊文春編集長の席に座っての一枚が掲載されている。

《「こんな日が来るとは思ってなかったなぁ」
休日課長がポツリと漏らした。
われわれも同感です。》

 まるで手打ちの場面である。「空白の一日」という因縁とわだかまりを抱えた、江川卓と小林繁が語り合う「黄桜」のCMを見るような思いだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >