2017/10/20 11:00

「絶対レッドにならないキャラ」にハマっていた松坂桃李くん

(c)鈴木七絵/文藝春秋
(c)鈴木七絵/文藝春秋

てれびのスキマさんによる「テレビっ子インタビュー」7人目のゲストは脚本家・小林靖子さん。ファンにはつとに有名な“特撮ドリーム”と語られるその経歴、小林作品がデビューとなった松坂桃李・佐藤健のこと――たっぷりとお話しいただきました。

シナリオを「ご意見・ご感想」コーナーに送って人生が変わった

―― 一般企業に就職後、特撮熱がいったん冷めたというお話でしたが、一転たまたま見た『ウインスペクター』で特撮熱が再燃したそうですね。

小林 再燃というか、『ウインスペクター』は、ヒーローものというよりは刑事ものに近かったので、ちょっと面白いなと思って見始めた感じです。

―― その頃他のドラマとかは見ていたんですか?

小林 見てないです。私には『少年ジャンプ』熱が来ていて『北斗の拳』とかに夢中でした。

―― 特撮のシナリオを書き始めるというのは、いつぐらいのことなんですか?

小林 『特捜エクシードラフト』というシリーズが始まったころに、思いついたシナリオを書いて送ったら、プロデューサーさんから連絡が来たんですよ。そこから今度はシナリオスクールに通ったんです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >