2017/10/25 11:00

つんく提供のモー娘。新曲、聴きごたえはあるけれど――近田春夫の考えるヒット

邪魔しないで Here We Go!/モーニング娘。'17(アップフロントワークス)作詞作曲:つんく。メンバーの卒業によせてつくられたという。
邪魔しないで Here We Go!/モーニング娘。'17(アップフロントワークス)作詞作曲:つんく。メンバーの卒業によせてつくられたという。

『邪魔しないで Here We Go!』(モーニング娘。'17)/『Eternal Love』(EXILE TAKAHIRO)

 たとえばチャート誌のランキングであったりと、数字を眺める限り、我が女子アイドル界、決して勢いを落としてきている訳ではないようにも映るが、“国民的大ヒット”的視点ではどうなのか?

 ここ1~2年その界隈にて発表されたシングル群全体を見渡しても、フレーズなりタイトルなり、少なくとも俺にはパッとアタマに浮かぶようなものがほとんどない。

 本日はそんな前段を踏んまえ、モーニング娘。’17の新譜、作詞作曲に堂々つんく♂の名も眩しく輝く『邪魔しないで Here We Go!』の試聴感想でもって御機嫌のひとつも伺おうかてぇ趣向。どうかよろしくお付き合いの程を。

 冒頭にはセリフが入ったりして、一瞬ビートのないスローナンバーなのかなとも思ったのだが、トラックは、最近の風潮というか、EDM以降に多くみられる、遅めでかつ、ワザ/スキルを聴かせる系のヒップホップスタイルのものになっている。そこに乗るメロディだが、デスティニーズ・チャイルドとかがブームだった頃のR&Bの匂いもするし、そのもう少し前のあたりのクラブ系にもこんな感じのがあったかなと思わせるような作りで、つんく♂作の中では玄人受け狙いといってもいいダークな路線である。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >