2017/11/01 11:00

達者な歌唱のJUJUの新曲 感情移入は難しくない?――近田春夫の考えるヒット

いいわけ/JUJU(sony)作詞:柿沼雅美、作曲:中野領太。小林武史が初プロデュースということを大きくアピールしていた。
いいわけ/JUJU(sony)作詞:柿沼雅美、作曲:中野領太。小林武史が初プロデュースということを大きくアピールしていた。

『いいわけ』(JUJU)/『ONE』(Aimer エメ)

 気がつけば……。

 元号が平成に移って久しい。いつのまにやら、その歴史ももはや三十年の長きになんなんとする今日この頃である。なるほど。そりゃたしかに昭和の時代とは異なった意味/定義となってしまったコトバの存外に増えてしまってるってぇのも、まあ仕方のないことですわな、と俺はそんなことを考えていたのだった。具体例にひとつを挙げれば、いまどきの若者たちが「アイドルを目指す」といったとき、彼等の瞼に浮かぶイメージたるや、お揃いの衣装の青年男子女子がステージを平行移動する光景しかないのでは? きっとおそらく。いやホント。一人で歌うアイドルなんてひょっとして――超大雑把にいったらよ――松浦亜弥あたりが最後だったってことになるんじゃないすかねェ……。

 ところで、今週編集から送られてきたJUJUだが、昔だったらこのヒト、ポジション的には誰に相当するんだろう。系譜みたいなことにアレコレとアタマを巡らしているうちに、本格ソウル/R&B路線とはいえ、吉田美奈子や大貫妙子などよりは“立ち位置”が芸能界寄りである。かといって宮本典子ほどでもない。大橋純子あたりの流れなのかしらん、とかなんとか、いずれにせよ、こうした“玄人筋に受ける”系の女性歌手のありようというのは、今述べたアイドルほどには、俗にいう隔世の感も強くはないようだと、気づいたのだった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >