2017/11/06 17:00

健全な善人が誰一人登場せず「清張の毒」充満!――春日太一の木曜邦画劇場

1965年作品(140分)/東宝/4500円(税抜)/レンタルあり
1965年作品(140分)/東宝/4500円(税抜)/レンタルあり

 先週は別頁の特集記事を担当したため、本連載は休載となった。その特集は、松本清張没後二十五年に際して映像化作品の魅力を改めて検証するという内容。ただ、清張原作の映画が大好きでたまらない筆者からすると、書きたい作品はまだまだある。

 そこで、今週と来週は本連載でも清張原作映画を扱っていきたいと思っている。

 ここでも何度か書いてきたことではあるが、清張作品の大きな魅力は、欲望や嫉妬といった醜いエゴを剥き出しにした人間たちがそのために破滅していくという、理不尽な因果応報の物語展開にある。

 今回取り上げる『けものみち』は、その最たるもの。なにせ、登場人物に誰一人として健全な善人がいないのだ。

 ホテルの支配人である小滝(池部良)は自らの野望を果たすため、旅館の仲居・民子(池内淳子)を誘惑し、政界の黒幕・鬼頭(小沢栄太郎)のもとへ愛妾として送り込もうとする。民子は寝たきりの夫(森塚敏)を焼き殺し、寵愛を得た鬼頭の屋敷で贅沢な暮しを送るようになっていく――。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >