2017/11/12 07:00

矢口蘭堂が35キロ歩いてたどりついた、臨時政府・立川防災合同庁舎9つの秘密

©石動竜仁
©石動竜仁

「 矢口蘭堂と巨災対が“根城”にした首相官邸6つの謎 」では『シン・ゴジラ』前半の舞台となる首相官邸について紹介したが、続いて後半の舞台となる災害対策本部予備施設を紹介したい。

(1)首相官邸が使用不能になったら?

 首都直下地震等で首相官邸が使用不能となった場合、官邸に設置される災害対策本部はどうなるだろうか? こういった事態を想定して、あらかじめ代替施設が複数定められている。

 第一の代替施設は、内閣府や内閣官房が入居する中央合同庁舎第8号館だ。しかし、8号館は官邸と道を挟んで隣接しており、官邸と似たような被害を受ける可能性が高い。

 中央合同庁舎第8号館が使用出来ない場合は、市ヶ谷にある防衛省の中央指揮所に災害対策本部を設置することになっている。中央指揮所は事実上の自衛隊最高司令部であり、劇中でも自衛隊の幕僚たちが対ゴジラ作戦を議論しているシーンが出てくる。

 中央指揮所は防衛省A棟の地下に建造されており、陸海空の3自衛隊の指揮通信システムに連接するとともに、米軍との通信手段も備えるなど、高度な通信設備を持っている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >