2017/11/22 11:00

ボーカルとサウンドの一体感がレベッカの魅力――近田春夫の考えるヒット

恋に堕ちたら/REBECCA(ユニバーサル)2000年の「神様と仲なおり/HELLO TEENAGE」以来、17年ぶりのニューシングル。
恋に堕ちたら/REBECCA(ユニバーサル)2000年の「神様と仲なおり/HELLO TEENAGE」以来、17年ぶりのニューシングル。

『恋に堕ちたら』(REBECCA)/『せかいでいちばん』(井上苑子)

 たしか……。

 数年前に再結成を果たしたとかいう話は耳にしていたのだが、その際には新曲の発表はなされていなかったということなのだろう。

 いずれにせよ、レベッカの17年ぶり書き下ろしを謳い文句にリリースされた『恋に堕ちたら』である。どんな世界になっているのか知りたくなり、早速取り寄せてもらったシングル盤のパッケージの、その物理的ボリュームにまず、俺はちょいと圧倒された。

 歌入り&カラオケで一枚、ミュージックビデオのDVDが一枚、更には今年武道館で行われたライブの模様全19曲を収録した盤が二枚の、都合4ディスクという陣容なのだ。これで一体幾らなのかと見てみると¥3800(税抜き)である。ま、DVD付きは初回限定だそうで通常盤はもう少し安いにしても、シングルで3000円強のお値段とは! あるいはお買い得ということなのか、そこは俺にもよくわからないが、単純に『恋に堕ちたら』だけで他はいらないよ、という人もいるだろうし、せっかくのライブ録音がこれではなんだか“オマケ扱い”な感じでもある。そんなこんなで、とにかく全体を俯瞰したときに感じた第一は、肝心要の新曲の置かれているポジションは案外脆弱なものなのでは? といったことであった。が、そんな先入観は一切捨て、俺はディスク1をスタートさせた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係が広がる日。趣味の習い事や勉強会がキッカケで...もっと見る >