2017/11/25 17:00

映画「火花」が“全ての人にかかわる”理由

©2017『火花』製作委員会
©2017『火花』製作委員会

「有無をいわせない生の舞台の、異常な魅力に取りつかれ、その虜になることがまた芸人にとって、このうえない快感でもあった。」

 ビートたけしの自伝エッセイ『浅草キッド』(太田出版・1988)の一節である。

 公開されたばかりの映画『火花』もまた、舞台の魅力に取りつかれた者たちの物語だ。原作はいうまでもなく又吉直樹の同名小説である。

エキストラへの演出と、たけしの「有無を言わせない生の舞台」

 文春今週号には、巻頭グラビア「原色美男図鑑」に徳永役の菅田将暉、「阿川佐和子のこの人に会いたい」に又吉直樹と映画を監督した板尾創路、「ドキュメント 男の肖像」に神谷役の桐谷健太と、『火花』関連の人物が登場する。

「この人に会いたい」で板尾監督は、漫才師が書いた漫才師の物語を、「漫才師じゃない映画監督に撮らせたくないな」と思ったという。その一方で映画は役者のものなので、漫才師が主役を張るのも違うと思い、結果、大阪弁ネイティブの菅田将暉と桐谷健太が配役される。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >