2017/12/06 07:00

ストレイテナー×秦基博のコラボ曲は“勇気のいる”3拍子――近田春夫の考えるヒット

灯り/ストレイテナー×秦基博(ヴァージン)ストレイテナーのホリエアツシと秦による「冬のラブソング」。
灯り/ストレイテナー×秦基博(ヴァージン)ストレイテナーのホリエアツシと秦による「冬のラブソング」。

灯り』(ストレイテナー×秦基博)/『Windy』(CHEMISTRY)

 ストレイテナー×秦基博。そのどちらの作品も前に聴いた覚えは確実にあるのに、はて困った。それらがどのようなものであったか思い出せないのだ。寄る年波に勝てぬとはこういうことなのかしらん? あ、違いますよね。

 音源に添えられていた資料によれば、ストレイテナーは結成から来年でもう20年、メジャーデビュー15周年を誇る、堂々ベテランといって誰はばかることもない立ち位置にあるバンドだ。そんなことさえ知らなんだ俺も俺だが、この欄担当の若者も「あまり存じ上げません」。それでなんだか少し安心したりして(笑)。

 てな具合の『灯り』であるが、いまも述べた通り、これまでの活動の把握さえほぼしてもいないに等しいこの俺に、両者の音楽性に於ける共通項の有る無しであるとかいった議論など、正直ハッキリ申しあげて無理よ。ただ、コラボレーション曲を聴く限り、双方の基本的な表現美学には、さほど齟齬はないようにも思えた。どういった作業工程を踏んだのにせよ、結果ひとかたまりの音楽として、旋律も和声も、大変自然に繋がっているからである。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >