2017/12/10 17:00

『否定と肯定』――桜庭一樹のシネマ桜吹雪

©DENIAL FILM, LLC AND BRITISH BROADCASTING CORPORATION 2016
©DENIAL FILM, LLC AND BRITISH BROADCASTING CORPORATION 2016

 並外れて強いヒロインが登場すると、つい気後れしてしまう。自分とはちがいすぎる、と感じるからだ。でも、少しダメなところを見せられると(無敵のワンダーウーマンが回転ドアを通れなくて挟まったり)、途端に気が楽になるものだ。ああいうシーンって、「彼女もあなたと同じよ」という、作り手からの“目配せ”なのかなぁ?

 さて、この映画は、実話をもとにした社会派ヒューマンドラマだ。ヒロインのデボラ・E・リップシュタットは、ユダヤ系アメリカ人のホロコースト学者。親から聖人の名をつけられ、ユダヤ民族への深い愛と義務感を背負う女性だ。

 デボラはある日、英国のホロコースト否定論者を批判したところ、名誉毀損で訴えられてしまった。英国の法律では、被告(デボラ)が自らの無実を証明せねばならない。彼女は海を渡り、慣れない異国で弁護団を雇う。こうして、「ホロコーストが起こった」ことを改めて証明するという、歴史的な裁判が始まった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの考え方をハッキリ示そう。共鳴してくれる人が現れそう...もっと見る >