2017/12/12 17:00

中条きよしの魔性の色気 「流し目」で背筋が凍る!――春日太一の木曜邦画劇場

1994年作品(105分)/東映/2800円(税抜)/レンタルあり
1994年作品(105分)/東映/2800円(税抜)/レンタルあり

 先日、中条きよしにインタビューさせていただいた。

 中条といえば歌手としても役者としても、いつも「昭和の夜の男」を感じさせる、大人のムードを漂わせている。当人もそれは意識しているようで、立ち姿、座り姿、目線の動かし方、着こなし……隅々まで意識を配って、色気や粋を表現しようとしているのだという。その象徴的な役柄といえるのが、彼の代名詞であるテレビ時代劇「必殺」シリーズで演じた三味線屋勇次だろう。三味線糸で首を絞めて相手を殺す「仕事人」役なのだが、その際の魔性ともいえる色っぽさが、同時に見る側の背筋を寒くさせ、殺し屋としての凄味を伝えていた。

 悪役になっても、それは変わらない。「卑怯なことをする場合も芝居は二枚目であった方が面白い」という考えの下、粋で色気があり、だからこそ強くて憎らしい――そんな役作りをしている。今回取り上げる『新 極道の妻たち 惚れたら地獄』は、悪役・中条きよしの魅力を堪能できる一本だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >