2017/12/18 11:00

「日本経済をまわすために、やはり浪費しなくては」辛酸なめ子×劇団雌猫 浪費女の生きる道座談会#2

©釜谷洋史/文藝春秋
©釜谷洋史/文藝春秋

『浪費図鑑 ―悪友たちのないしょ話―』 (小学館)でオタク女子の生態を明らかにした劇団雌猫の4人と、近著 『おしゃ修行』 (双葉社)でさまざまな浪費を告白している辛酸なめ子さんの座談会後編は、浪費とその効用について。どれほどまわりから白い目で見られようと、幸せのためにお金を使って、経済をまわす。「浪費女」としての正しい生き方指南です( 前編 が公開中です)。

貯金がなくなると「家の中の何を売ろう」

ユッケ 貯金がない、どうしようってなったときに、出費を減らすよりも家の中の何を売ろうって考えちゃいますね。本や古着を、とりあえず売れるものと売れないものに仕分けていく。

辛酸 でも服って、たいした値段がつかないですよね。査定が厳しい。古着屋にもちこんだとき、元手は数十万なのに、0円をつけられてショックでした。

ユッケ だから大学時代は、後輩とかに売りつけていました(笑)。

辛酸 ああ……私も昔、友達に呼びだされて古着を売られたことあります。特にいらない服を、1枚1000円とかで。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >