2017/12/16 17:00

香取慎吾が過去の映像を見て、目に涙をためた意味――てれびのスキマ「テレビ健康診断」

©時事通信社
©時事通信社

「ヤバい、泣いちゃう」

 香取慎吾が15年前の主演ドラマ『人にやさしく』のダイジェストを、その共演者たちと見ながら目に涙をためていた。その光景を見ていると、あぁ、香取慎吾のモードが変わったのかなと思った。

 SMAPを解散し、香取のレギュラー番組『おじゃMAP!!』の継続も危惧されていたが、ジャニーズ事務所を退所後も番組は継続。「新しい地図」を掲げた後、まもなく放送された『おじゃMAP!!』のスペシャルには、同じく事務所を退所した草なぎ剛がゲスト出演。さらに、その後には、デビュー当時から目をかけてもらっていた萩本欽一が登場した。また、AbemaTVで放送された香取、草なぎ、稲垣吾郎による『72時間ホンネテレビ』では、様々なゲストがやってきたが、キャイ~ンや山本耕史、市川海老蔵、佐藤浩市、谷原章介、三谷幸喜など、香取慎吾ゆかりのゲストが目立った。さらに『ボクらの時代』(フジテレビ)でも親交の深い山本耕史、天野ひろゆきとトーク。その流れで、『おじゃMAP!!』に『人にやさしく』のメインキャストである加藤浩次、松岡充、須賀健太が揃ったのだ。当時7歳だった須賀はもう23歳だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >