2017/12/20 11:00

変わらないMISIA “歌姫ブーム”とはなんだったのか――近田春夫の考えるヒット

君のそばにいるよ/MISIA(SONY)1998年にデビュー。世界累計7000万部を誇るコミックの実写映画『鋼の錬金術師』主題歌。
君のそばにいるよ/MISIA(SONY)1998年にデビュー。世界累計7000万部を誇るコミックの実写映画『鋼の錬金術師』主題歌。

『君のそばにいるよ』(MISIA)/『ASH』(LiSA)

 今週編集から送られてきたCDの一枚がMISIAだった。

 その名を見てなんだか懐かしい気持ちに襲われた。丁度、この連載の始まった頃(97年)に盛り上がりをみせていた、和製女性R&Bシンガー、通称ディーバのブームの立役者のひとりとして、チャートによく登場したりしていたことを思い出したのだ。

 今は昔。20世紀の終わりには“ヒップホップ以降のソウルミュージック”の担い手として、我がシーンにおいて結構な数の女性歌手がデビューをしたものだ。ただ、当初盛んだったその流行歌としての新しい試みや実験的なアプローチも、結局“売り上げの増加”には結びつかなかったのだろう。気がつけば、スタイルの革新性などの競い合いよりは、普通な意味での歌唱力に重きをおいたプロデュース/作品が幅を利かすようになっていった。

 MISIAとて決して例外ではない。かの『Everything』(00年)あたりで、もはや既に曲調はコニー・フランシス的“シックスティーズ”の焼き直しみたいなものとまでいいきってしまえば、そりゃオーバーかもしれないけれども、音としての冒険は「もうやめた!」ような印象さえ受ける、超無難もとい王道な熱唱の世界にシフトし始めているのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの考え方をハッキリ示そう。共鳴してくれる人が現れそう...もっと見る >