2017/12/19 07:00

男のヤクザ映画、女のタカラヅカ

©文藝春秋
©文藝春秋

娯楽映画の王道、『仁義なき戦い』

 あくまでも個人的な好き嫌いの話として聞いていただきたい。

 僕にとっての映画はエンターテイメント、すなわち娯楽、あっさり言えば浮世の憂さ晴らしである。人生について考えさせられるシリアスな作品もたまにはイイが、何といっても単純にして明快なアクション活劇がいちばん。なかでもヤクザ映画には目がない。

 とりわけスキなのが、東映実録路線のヤクザ映画である。その原点にして頂点に位置するのが『仁義なき戦い』シリーズだ。オープニングのジャーンジャーンジャーンという出囃子に次いで「昭和21年 広島県呉市」の文字が出てくる。そこに「敗戦後すでに1年、戦争という大きな暴力こそ消え去ったが、秩序を失った国土には新しい暴力が渦巻き……」という小池朝雄のナレーションがかぶってくると、もうたまりません。何回観てもつくづく面白い。これまでに少なくとも28回は観ていると思う。

 フェルディナント・ヤマグチというコラムニストがいる。僕はこの人の趣味性たっぷりの文章が大スキで、前々からクルマ関連のコラムなど楽しく読んでいた。ヤマグチ氏は「覆面文筆家」。メディアでは一切素顔を出していない。本業は某優良企業のビジネスマンで、その傍ら文章を書いているという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係が広がる日。趣味の習い事や勉強会がキッカケで...もっと見る >