2018/01/03 07:00

精読『吉本興業百五年史』 「わろてんか」には描かれない“お笑い王朝史”

(c)時事通信社/文藝春秋
(c)時事通信社/文藝春秋

NHK連続テレビ小説『わろてんか』のヒロインは、お笑い王国「吉本興業」の祖がモデル。そんな「よしもと」のドラマでは描かれない歴史とは? 昨秋刊行された、800ページにも及ぶ『吉本興業百五年史』を読破した芸能史研究者・笹山敬輔さんが、知られざる吉本王朝の姿を読み解きます。

『百五年史』は、吉本共和国による初めての「正史」である

 歴史は勝者によって書かれる――中国では、新しい王朝が成立するたびに、前王朝の「正史」が編纂されてきた。それは、正確な歴史叙述をするというよりも、現王朝の正統性をアピールするために書かれるのが常である。国家の歴史ほど大きな話ではないが、会社が自らの歴史を編纂する「社史」もまた、そのミニチュア版と言えるだろう。

 2017年、吉本興業は、創業者をモデルにしたNHK連続テレビ小説『わろてんか』の放送開始に合わせるかのように、『吉本興業百五年史』を出版した。1冊10500円。「社史」を一般販売するのは珍しいが、少しでも売って儲けたいというところだろうか。吉本は、創業80年を迎えたときも、『吉本八十年の歩み』を1冊20000円で販売している。商魂たくましい吉本らしさは、いつの時代も変わらない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かとガマンすることの多い日。ストレスがたまりそうだけれど...もっと見る >