2018/01/11 17:00

織田裕二が語る「脳みそが疲れきっているときの工夫」とは?

 織田裕二が正義感溢れる監査役を演じる。舞台は20年前の銀行。バブル崩壊後、経営危機に瀕し、銀行再編の波に飲まれた時代だ。

「一般的に企業の監査役のイメージというと、経営陣に口を出すことはなく、本当の意味での経営監査などしていない場合がほとんどだと思うのですが、僕が演じる野崎は48歳で若くして監査役となり、持ち前の正義感を発揮し、様々な問題を解決しようと挑戦するんです」

 出世コースとはほど遠い東京の下町の支店長を務めていた野崎だが、支店閉鎖が決まり、まさかの監査役就任を命じられるところからドラマはスタートする。

「野崎は、まじめで、人に寄り添い、困っている人を助けたいと考える男です。台本にはないのですが、元々は頭取も狙えるエリートだったけれど、紆余曲折があって、人助けをしたいと考えるようになった男なのではと想像しながら演じています」

 共演陣も豪華だ。頭取には古谷一行。女性初の役員の座を狙う同僚に松嶋菜々子。その他の役員として岸谷五朗、ユースケ・サンタマリアら曲者揃いの面子がすみずみまで揃う。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

カルチャー運UP。教養が身につく講座に行くと充実感あり。人生...もっと見る >