2018/01/02 17:00

映画界の難局から生れた夢の豪華チームプレー!――春日太一の木曜邦画劇場

1970年作品(118分)/東宝/2500円(税抜)/レンタルあり
1970年作品(118分)/東宝/2500円(税抜)/レンタルあり

 ちょうど二十年前の一九九七年、時代劇史上に偉大な足跡を遺した三人のスターが相次いで亡くなった。三月に萬屋錦之介、六月に勝新太郎、十二月に三船敏郎。そこで今回は彼らを偲ぶべく、三人が共演した唯一の時代劇映画『待ち伏せ』を取り上げる。

 一九五〇年代から六〇年代にかけて、大手邦画各社は「五社協定」を結び、それぞれの専属役者やスタッフの引き抜きを禁じていた。そのため、各社のスターたちが共演する機会はまずなかった。が、六〇年代に映画が斜陽化すると状況は変わる。東宝から三船、日活から石原裕次郎、大映から勝、東映から錦之介、それぞれの事情を背景にスターたちは続けて独立、各々にプロダクションを作って映画製作を始めたのだ。そして、彼らは「夢の共演」を果たし、本作で四大スターはついに一堂に顔を揃えることになった。

 舞台となるのは信州のとある峠の茶屋。ここに、謎の密命を帯びた素浪人(三船)、故郷に帰る途中の渡世人(石原)、悪党を捕まえる際に傷を負った同心(錦之介)が次々と訪れる。これに、茶屋になぜか居座る医者くずれ(勝)と暴力的な夫から逃れて茶屋で働く女(浅丘ルリ子)が加わり、狭い中に豪華な面々が居並ぶ空間ができあがる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係が広がる日。趣味の習い事や勉強会がキッカケで...もっと見る >