2018/01/28 11:00

松尾諭「拾われた男」 #11 「大ベテランの“間違っちゃった”で幸運をもらった日」

(c)松尾諭
(c)松尾諭

 中学1年の時、好きだった新橋さんがいたので、陸上部に入った。走るのはしんどいので、楽に見えた砲丸投げを選んだが、部長がスパルタで思った以上に練習がきつく、新橋さんにもフラれたので、恐る恐る退部を申し出ると、部長は意外にもあっさり認めてくれたが、笑顔をたたえたままの彼に、短距離用スパイクで蹴られて、太ももにいくつか穴が開いた。

 中学2年になって仲良くなった友人の勧めもありバスケ部に入部した。女子バスケ部には可愛い子がたくさんいたので、かっこいいところを見せたかったが、練習はやはりキツいし、試合にも出してもらえないので半年で辞めた。

高校ラグビー部で課された「一発芸」

 高校に入ると、ぽっちゃり体型だったこともあり、ラグビー部から熱烈な勧誘を受けた。汗臭そうな印象のあるラグビー部の人たちは思ったよりも爽やかで、少しいい男だった。だからなのか、スクールウォーズの影響なのか、それともラグビーをやっていた兄に対するライバル心があったのかは今となってははっきりしないが、ラグビー部に入部する事にした。ラグビー部の練習は楽しく、先輩たちも優しかったが、入部届けを提出した日から、彼らは鬼と化した。練習は地獄となり、少しでも先輩の機嫌を損ねると、連帯責任で1年全員に、スクワットをさらにハードにしたものを数百回や、両手を壁につき、両足を肩幅に開き踏ん張り、尻を出す体勢で、背中に人を乗せて数百秒数える「姿勢」などの過酷なノルマが課せられた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >