2018/01/30 17:00

伊賀の忍者をなぶり嗤う若山富三郎、圧巻信長!――春日太一の木曜邦画劇場

1962年(104分)/KADOKAWA/2800円(税抜)/レンタルあり
1962年(104分)/KADOKAWA/2800円(税抜)/レンタルあり

 昨年末、とある雑誌の取材で伊賀に行った。伊賀といえば忍者の里。急峻な山々が織り成すさぞや厳しい自然環境なのだろう――と想像していたら、違った。なだらかな丘陵に囲まれた広々とした平地。実に牧歌的な盆地だったのだ。

 伊賀は戦国時代、群雄が割拠する中でも忍者のみが自治してきた。外敵から故郷を守る上で平地部に入られてはひとたまりもない。外側の丘陵で、地の利を活かしたゲリラ戦をもって迎え撃つ。そのために発達したのが忍術だった。

 織田信長は二度にわたり、そんな伊賀へと侵攻している。「天正伊賀の乱」である。

 一度目は忍者たちの戦術に嵌り敗北を余儀なくされたが、二度目は対策を十分にとって大軍をもって平地での決戦に持ち込み、忍者たちを壊滅させた。平地にあって多勢に無勢では、術をもってしても、戦いのプロたる武将たちを前に成すすべがなかったようだ。実際の戦場を巡り、「城」「砦」とは名ばかりの伊賀の簡素な拠点を目にして、そのことを実感することができた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

友達とのオシャベリが楽しい。お勧めのショップや面白いTVな...もっと見る >