2018/02/01 07:00

ご存知ですか? 2月1日はみうらじゅんの誕生日、還暦を迎えました

©石川啓次/文藝春秋
©石川啓次/文藝春秋

 きょう2月1日で、みうらじゅんが還暦を迎えた。折しも川崎市市民ミュージアムでは、少年時代から今日までの軌跡をたどる「MJ's FES みうらじゅんフェス!マイブームの全貌展 SINCE 1958」が開催中である(2018年3月25日まで)。

 これまで多くのブームを仕掛けてきたみうらだが、とくにここ10年ほどの彼の仕事の浸透ぶりには目を見張るものがある。2009(平成21)年に東京国立博物館などで開催された「国宝 阿修羅展」に際しては、「阿修羅ファンクラブ」会長に就任した。この展覧会は東京だけで100万人近くを動員し、少年時代から仏像が好きで、さまざまな企画を展開してきたみうらを驚かせる。これと前後して2008年には『広辞苑』第6版(岩波書店)に彼の造語「マイブーム」が収録され、さらに先月刊行された第7版の同項目には《エッセイストみうらじゅんの造語》という一文が付け加えられた。

 とはいえ、「エッセイスト」という肩書きはいまひとつしっくり来ない。それというのも、みうらの表現手段は、イラスト、マンガ、小説、エッセイ、歌、映画、テレビ番組、イベントなど多岐におよぶからだ。本人は肩書きを求められるときには「イラストレーターなど」と名乗っているものの、《今やこの「など」のほうが仕事の割合が大きく、もはや肩書きは「など」だけではないか? と自分でも思うほどです》と書いている(みうらじゅん『「ない仕事」の作り方』文藝春秋)。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >