2018/02/02 07:00

ご存知ですか? 2月2日はビートたけしの師匠・深見千三郎の命日です

 いまから35年前のきょう、1983(昭和58)年2月2日早朝、東京・浅草のアパートで火事があり、火元となった部屋から、元コメディアンの深見千三郎(59歳)が遺体で発見された。彼のもとからは東八郎、ビートたけし(北野武)といった人気芸人が輩出されたこともあってか、当日の『読売新聞』夕刊には、かなり大きく紙面を割いて訃報が掲載されている。記事によると、深見はその2年前に芸人を引退し、化粧品会社に転職したが、亡くなる前月の正月休みには久々に浅草のストリップ劇場「フランス座」の舞台に立っていた。

 深見千三郎、本名・久保七十二(なそじ)は1923(大正12)年北海道生まれの樺太(サハリン)育ち。高等小学校卒業後、浅草芸者だった長姉(流行歌「あゝそれなのに」で知られる美ち奴)を頼って上京し、やがて姉の紹介で、当時の映画スター片岡千恵蔵のもとで修業を積む。京都での修業時代には、弟子仲間と「チョンマゲ・ボーイズ」という3人組のお笑いグループを結成し、大阪あたりで“内職”していたという。東京に戻ってからは、浅草六区の軽演劇の劇場「オペラ館」に出演した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >