2018/03/06 07:00

楠木建の読書遍歴と「芸論」への偏愛

©iStock.com
©iStock.com

カラダかアタマか

 あくまでも個人的な好き嫌いの話として聞いていただきたい。

 スポーツが好きな人は「じっとしているとイライラする。あー、体を動かしたい!」というようなことを言う。僕は運動が嫌いなので、その辺の爽快感がよく分からない。

 ただ、そういう気分は類推できなくもない。僕は頭を動かしていないとイライラする。頭を動かしたいという欲求が湧き上がってくる。で、頭を動かすとスカッとする。

 ようするに理屈っぽいだけなのだが、こうした性分は理屈ではなく気分というか生理の問題だ。自分の頭に引っかかることについて、「これはようするにどういうことなのかな」と考えずにいられない。論理で本質がつかめないとどうも落ち着かない。「ようするにこういうことか」と、自分なりに得心するとスカッとする。モヤモヤが解けて腑に落ちる。いったん腑に落ちると、俄然そのことについて考えるのが面白くなる。さらに思考が触発される。

 僕にとって、この生理的欲求に正面から応えてくれるのが読書なのである。ということで、 前回 、 前々回 に引き続き、読書の話をする。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >