2018/03/06 21:00

「バイプレイヤーズ」Pが語る「大杉漣さんが愛された理由」

「バイプレイヤーズ」シリーズを立ち上げた浅野プロデューサー ©佐藤亘/文藝春秋
「バイプレイヤーズ」シリーズを立ち上げた浅野プロデューサー ©佐藤亘/文藝春秋

 2月21日、名優・大杉漣さんが逝去された。享年67(公式ホームページより)。

 遺作となったのが、テレビ東京で放映中の『バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜』である。メインキャストは、遠藤憲一さん、大杉漣さん、田口トモロヲさん、松重豊さん、光石研さん(五十音順)。全員が本人役を演じ、好評を博した同シリーズの第2弾である(第1弾は寺島進さんも出演)。実生活でも15年以上の厚い友情関係にある仲間同士。だからこそ成し得たチャレンジングなこの作品を大杉さんは心から大切にしていた。

『バイプレイヤーズ』シリーズを企画した、ドリマックス・テレビジョンのプロデューサー&監督・浅野敦也さんが語る、大杉漣さんが愛された理由とは――。

◆ ◆ ◆ 

「19年前から全然変わっていなかった」

――大杉漣さんと初めて出会ったのはいつですか?

浅野 もう20年近く前なのですが、大杉さんが出演された2時間ドラマ「十津川警部シリーズ」の現場で、助監督としてご一緒しました。すでに有名でいらしたのですが、当時から気さくな方で、スタッフにも丁寧に接してくださった。上半身を脱ぐお芝居を照れることなく、明るくサバサバとやっていらしたのをよく覚えています。その後も何回かお会いしていますが、昨年、前作『バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜』で久々にお目にかかったときも、全然変わってなかったですね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >