2018/03/14 07:00

つばきファクトリー「低温火傷」の歌詞は考え抜かれている――近田春夫の考えるヒット

絵=安斎肇
絵=安斎肇

『低温火傷』(つばきファクトリー)/『Candy Pop』(TWICE)

 そういえば俺、曲タイトルに惹かれるなんぞということここんとこずーっとなかったわ……。いや、それにしても『低温火傷』なるこの四文字、眺めるほどにアイドルものにしてはかなり挑発的部類に入るといっても決して過言ではあるまい佇まいだ。はて、どんな歌詞世界/内容なのか? 気になるヨォ。おぉありがたや、ネット上には曲がアップされていた。ので聴いてみると早速耳に止まったのがサウンドで、予想外とはいささか盛り過ぎではありますが、アイドルのシングルということでもう少しjpop寄りの音を想像していると、結構“歌謡曲”だったのである。

 では歌謡曲とはなんぞやという話にもなってしまうところでありましょうが、そうした総論的言及は紙幅の関係もございます。また別の機会に。

 とかいいつつまぁ、歌謡曲(と称されるものの全般)の持つ旋律と和声の関係が、リスナーにもたらす効果、すなわちその、聴けばおとずれてくる一種独特な寂しさのような気分は、jpopではなかなか味わえぬぐらいのことは一応ね、みなさんも実感されてきたことであろう。そういった意味での“向精神的効果”を『低温火傷』のトラックは有しているということである。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >