2018/03/26 07:00

スタジオに緊張感を取り戻そう。『ひるおび!』――亀和田武「テレビ健康診断」

寺脇研 ©文藝春秋
寺脇研 ©文藝春秋

 財務省による森友学園をめぐる決裁文書の改ざんは、今度こそ政権を揺るがすのか。

 というわけで、TBS『ひるおび』を、またときどき観るようになった。なぜ“ときどき”か。ゲストが誰か。それ次第で、スタジオの緊張感と熱量が全然違ってくる。

 思えば昨年の加計学園疑惑の際、『ひるおび』をはじめとする情報番組が、なぜあれほど過熱化し、視聴者をコーフンさせたかといえば、元・文科省官僚の寺脇研が、連日テレビ出演したからだ。

 本人は、文科省を“三流官庁”と自虐的に呼ぶが、むろん“一流”への皮肉で、それを口にできる反権威の気概を持つ稀れな元キャリアだ。

 政権をかばって、根拠のない情報を垂れ流す田﨑史郎に対し「そんなことは、霞ヶ関ではあり得ません」と無表情にピシャリと一言。あの場面に私(たち)は痺れたのだ。

 安倍一強が復活し、『ひるおび』も仲良しクラブで和気あいあい、観る気は失せた。

 そして三月二日、朝日新聞が“財務省による書き換え疑惑”をスクープした。しかし『ひるおび』も反応はヌルかった。レギュラーの八代英輝弁護士は「でも私は財務省がそんなことを、やると思えない。財務省へのリスペクトがありますから」とコメント。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >